heian4

平安神宮外苑

平安神宮は1895年に平安遷都1,100年を記念して造営された神宮です。

平安時代の建築様式で建てられており、桓武・孝明両天皇を祀っています。大鳥 居をくぐると、左右には美術館や博物館などの文化施設が見られます。

春には平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建物をベニシダレザクラ が飾ります。

社殿に入ると一万平方メートルに及ぶ池泉回遊式の日本庭園があり、東、中、西、南の4苑に分かれています。

こちらも春には150本のベニシダ レザクラを中心に桜の花びらが空を覆い尽くします。開花時期は4月上旬ごろで、4月15日の例祭に合わせるように満開になり、八重咲きのため見ごろが2週 間ほど続きます。

桜の花びらにちなんだ桜みくじがあり、結び木に結んでいくと桜が咲いたように見えます。

heiai3

 

heian1

 

heian-top