tetugaku-top

哲学の道

Date 3月下旬~4月上旬

日本の道100選にも選ばれている、琵琶湖疏水に沿って銀閣寺から若王子橋へ向かう約1.5kmの豊かな自然溢れる散策道です。

道の名称は、かつて哲学者 の西田幾多郎が思索しながらこの道を歩いたことに由来します。徒歩で30分程の距離ですが、近隣には法然院、大豊神社、永観堂禅林寺などの寺や神社があ り、道すがら立ち寄ることもできます。

また、散策道の北側からは、五山の送り火で知られる大文字山が良く見えます。疏水両岸には数百本のソメイヨシノが植 えられています。

哲学の道の桜は、この地域ゆかりの大正時代の日本画家・橋本関雪と妻よねが自身の成功への恩返しとして京都市に苗木を寄贈したことがきっ かけで植樹されました。

春には桜の花のトンネルと化し、花見シーズンになると地元の人だけでなく多くの観光客訪れ、活気を帯びます。

 

tetugaku-tate tetugaku-tate1 tetugaku1